MicroEngine CMS 2.0.0 ベータ版 ダウンロード

ダウンロードする

リリース情報
  • ソフトウェア名称:MicroEngine CMS
  • バージョン:2.0.0 Beta 5
  • リリース日:2018年09月11日
  • ファイル名:mecms-2.0.0-beta-5.zip
  • ファイルサイズ:6.6 MB

リリースノート

2018年09月11日

2.0.0 Beta 5

  • バージョン:2.0.0 Beta 5
  • リリース日:2018年09月11日
  • ファイル名:mecms-2.0.0-beta-5.zip
  • ファイルサイズ:6.6 MB

アップデート内容

  • MySQL対応
    利用するデータベース管理システムをSQLiteからMySQLに変更しました。このベータ版では MySQL 5.6, 5.7 で動作確認をしています。
  • 検索機能追加
    検索アクションを追加して、公開サイト側で検索フォームを設置して検索できるようになりました。 like検索が基本ですが、MySQL 5.7 以降の場合は全文検索(対象コンテンツのDB情報のみ)にも対応しています。 サンプルテーマに製品検索と店舗検索ページを用意しています。
  • クエリ機能のwhere条件の指定方法を変更
    クエリ機能でwhere条件を指定する際に、よりシンプルで柔軟な記述ができるように変更しました。
  • PHPでクエリの条件を組み立てられる機能を追加
    クエリ機能では、クエリ設定ファイルを元にDBから取得する条件を指定していました。 新たに、PHPでその条件を組み立てられるようにしました。
  • DBトランザクション管理を追加
    リクエストの最初にトランザクションを開始して、処理の途中でエラーや例外が発生した場合はロールバックするようにしました。
  • 製品パッケージ内構成変更と展開ツールの追加
    製品パッケージファイルを展開すると、ソースコードのみのアーカイブファイル(public.zip)と展開ツール(unzip.php)が展開されるようになりました。 この2つのファイルをWebサーバーにアップロードすると、Webサーバー上でzipファイルを展開することができます。 zipファイルを展開しない状態でアップロードできるため、アップロード時間を節約できます。
  • インストーラー改修
    インストーラを環境確認・データベース設定・ユーザー作成の3ステップ(画面)構成にしました。
  • バックアップとリストア機能を追加
    コンテンツ・設定ファイルとデータベースの内容を管理画面上でバックアップ・リストアができるようになりました。
  • システム情報ページを追加
    管理画面でサーバーやPHP環境などの情報を確認できるようにしました。
  • ファイル・ディレクトリのパーミッション・グループ設定機能を追加
    CMSにより作成されたディレクトリやファイルのパーミッション・グループを設定できるようになりました。
  • ライセンス管理機能を追加
    製品ライセンスを登録・管理できるようにしました。 60日の試用期間を設けています。ベータ版ではライセンスは発行しませんので、試用期間内にお試しください。 このライセンス管理機能では、PHPのOpenSSL拡張が必要になります。
  • ユーザーにロールを追加
    管理画面にログインできるユーザーに、システム管理者・デザイナー・編集者などのロールを指定できるようになりました。 指定されたロールにより、利用できる機能が異なります。
  • ロックアウト機能を追加
    ログイン認証に一定回数失敗すると、一定期間ログイン認証を行えないようにする機能を追加しました。 試行可能回数とロックアウト期間は設定で変更できます。 システム管理者は管理画面のユーザー一覧ページで、ロックアウト状態の確認と解除を行うことができます。
  • コンテンツ作成・更新ユーザーの記録
    コンテンツを作成・更新した際にその操作を行ったユーザーを記録して、コンテンツの情報画面で表示するようにしました。
  • バリデーションルールの追加
    複合ユニークルール・ディレクトリパス・ファイルネームルールを追加しました。
  • ページネーション・並べ替え対応
    サイトカテゴリ・ページ・コレクションの一覧画面でページネーションと並べ替えに対応しました。 ファイルコンテンツのファイルマネージャで並べ替えに対応しました。
  • テーブルコンテンツのプロパティ名変更
    テーブルコンテンツのテーブルタイプをデータタイプという名称に変更しました。
  • 製品付属テーマ名変更
    製品に付属するテーマの名前を「site」から「sample」に変更しました。 sampleテーマはこのCMSの機能・仕組みを把握しやすくする目的で用意しています。 実際の運用時にはオリジナルのテーマで利用していただくことを推奨しています。 そのため、サンプルのテーマであるということがわかりやすい名前に変更しました。
  • サイトマップ表示機能を追加
    サイトマップデータを取得するテンプレート関数を追加しました。 サンプルサイトではこの機能を利用したサイトマップページを用意しています。
  • カレント関連関数を追加
    現在ページが指定ディレクトリの場合に、current/activeを表すためのクラス名を出力できる関数を追加しました。
  • エラー画面対応
    404 Not Found ページを公開サイトテーマでカスタマイズできるようになりました。
2018年07月23日

2.0.0 Beta 4

  • バージョン:2.0.0 Beta 4
  • リリース日:2018年07月23日
  • ファイル名:microengine-cms-2.0.0-beta-4.zip
  • ファイルサイズ:6.6 MB

アップデート内容

  • 更新履歴管理機能を追加
    ページ・コレクション・モジュール・カレンダー・テーブルコンテンツの更新履歴を管理できるようにしました。
  • 下書き保存機能を追加
    ページ・コレクションコンテンツに下書き保存機能を追加しました。
  • ごみ箱機能を追加
    ページ・コレクション・カレンダーコンテンツにごみ箱機能を追加しました。
  • 公開設定変更
    ページ・コレクション・カレンダーコンテンツに公開終了日時と非公開設定(公開・非公開)を追加しました。 ※これまでは公開開始日時のみで公開状態を制御していました。
  • 日付フィールドに時間を指定できるオプションを追加
    ページ・コレクションの標準フィールドの日付(date)で時間を指定できるオプションを追加しました。
  • テーブルコンテンツのプロパティ名変更
    テーブルコンテンツのベースタイプをテーブルタイプという名称に変更しました。
2018年06月05日

2.0.0 Beta 3

  • バージョン:2.0.0 Beta 3
  • リリース日:2018年06月05日
  • ファイル名:microengine-cms-2.0.0-beta-3.zip
  • ファイルサイズ:6.5 MB

アップデート内容

  • コンテンツ編集画面の構成変更
    コンテンツ編集画面のフォームとプレビューを左右に2分割して並べる構成から、1パネルずつを切り替える方式に変更しました。 フォームパネル・プレビューパネルとも全画面で表示されます。
  • リピートコンテナの選択処理の変更
    コンテンツ編集画面でリピートコンテナ内の入力部品ごとに選択・ハイライトできるようになりました。 これまでは、リピートコンテナ全体が選択・ハイライト対象になっていました。
  • 属性設定機能を追加
    コンテンツ編集画面で段落・リッチテキストなどの一部のフィールドに id, class, style 属性を指定できる機能を追加しました。 この機能追加にともない、段落(クラス)フィールドを削除しました。
  • チェックボックスフィールド追加
    複数選択に対応したチェックボックスフィールドを追加しました。 複数選択した場合に、メタテーブルには個別に保存して検索できるようにしました。
  • タブ移動でブロック選択に対応
    コンテンツ編集画面のコンテナ内のブロックはタブキーで移動した場合でもブロックとして選択できるようにしました。
  • バリデーションルール追加
    入力値を数値としてバリデーションできる、min_num, max_num, between_num ルールを追加しました。
  • 公開側から編集画面への遷移
    CMSにログインしている状態で、公開画面を表示すると画面左下にそのページの編集画面に遷移するためのリンクを表示するようにしました。 これにより、公開サイト側から編集したいページに直接遷移できるようになりました。
    ※マッピング機能で表示しているページは対象外です。
  • ページコンテンツへのリンク変更
    管理画面内のページ一覧やポートレット・管理画面ヘッダーの「サイトを表示」リンクは、新規タブではなく現在のタブで開くように変更しました。
  • 管理画面のメニュー構成変更
    管理画面内のコンテンツ関連ページをホームセクションに移動しました。
  • HTMLキャッシュ機能を追加
    ページコンテンツの出力結果をキャッシュして、2回目以降のアクセスでは高速にレスポンスできるようになりました。
  • 画像選択設定変更
    画像選択メニューに表示する拡張子とリサイズ対象の拡張子設定を extensions と resize に分離しました。
  • クエリ機能のmeta条件を変更
    クエリ機能でmetaプロパティを指定した場合に、and_or ではなく or_and 条件になるように変更しました。
  • ファイルマネージャで画像が別タブで開いていた問題を修正
    コンテンツ編集画面内のファイルマネージャで画像のサムネイルをクリックしてプレビューする際に、別タブではなくモーダルで表示するように修正しました。
  • コンテナ内のIDが重複する不具合の改修
    ブロックの削除・追加の操作パターンによってはコンテナ内のIDが重複してしまい、追加したフィールドが保存されないケースがありました。 この不具合を改修しました。
  • リッチテキストエディターのエンターキーの挙動修正
    IE11の場合にエンターキーを押しても見た目の改行が入らない不具合を改修しました。 Firefox 60 の、リッチテキストエディターの改行時の挙動の変更に対応しました。
2018年04月19日

2.0.0 Beta 2

  • バージョン:2.0.0 Beta 2
  • リリース日:2018年04月19日
  • ファイル名:microengine-cms-2.0.0-beta-2.zip
  • ファイルサイズ:6.5 MB

アップデート内容

  • リッチテキストエディター変更
    CKEditor から自社開発したリッチテキストエディターに変更しました。 新しいリッチテキストエディターは、太字・リンク・コード編集のみのシンプルな機能のエディターになります。 このCMSではフィールドをブロック状に配置できるため、div や p, blockquote などの要素はフィールド側で選択します。 そのため、新しいリッチテキストエディターでは改行は全て BR のみとし、その他のタグは極力入らないようにしています。
  • 対応ブラウザ追加
    管理画面の対応ブラウザに Internet Explorer 11、Safari、Safari (iOS) を追加しました。
    ベータ2の対応ブラウザは以下になります。
    • Chrome
    • Firefox
    • Safari
    • Microsoft Edge
    • Internet Explorer 11
    • Chrome for Android
    • Safari (iOS)
    ※正式リリース版では変更される可能性があります。
  • デフォルトフィールドの調整
    リッチテキストフィールドの親要素(div, p, blockquote)を指定できるようにしました。 コンテンツフィールドのフィールド候補からラジオボタンを削除しました。
  • コンテナフィールドの出力調整
    ベータ1では、コンテナフィールドの子フィールド一つずつをdivで囲い出力していました。 ベータ2では、フィールド設定で 'is_block' => 1, を指定したフィールドは、div で囲わずにそのまま出力できるようになりました。
  • フィールド追加ボタンをポップアップで表示するように変更
    これまでは、フィールド追加ボタンはスティッキー表示させていましたが、コンテナフィールド下部の追加ボタンをクリックするとポップアップして表示するようにしました。 フィールド操作ボックスにも追加ボタン(+アイコン表示)を用意しました。
2018年03月26日

2.0.0 Beta 1

  • バージョン:2.0.0 Beta 1
  • リリース日:2018年03月26日
  • ファイル名:microengine-cms-2.0.0-beta-1.zip
  • ファイルサイズ:7.0 MB

MicroEngine CMS 2.0.0 のベータ版として公開された初めてのバージョンです。