MicroEngine

製品紹介

後付け型のMicroEngineだからできる

5つの特徴

「CMS化が難しい」「直感的に作業ができない」「クライアント様が更新しづらい」……。そんな、今までのCMSでは出来なかった多くの課題が、後付け型CMSのMicroEngineならば解決します。

後付け型CMS

例えば既存のWeb サイトにも導入できます。もちろん、新規のサイトでも組み込めます。

MicroEngine は後付け型のシステム。既存のWeb サイトがあれば、それをシステムに取り込む必要はありません。既存のWeb サイトはそのままで、後付けしたCMS が更新したページを静的なファイルとして書き出します。

簡単構築

プログラミング言語の知識、データベースの設定も不要です。

MicroEngine は、ノンプログラマーのWeb 制作者が構築することを想定しています。Web ベースのインストーラーがあるので、ウィザードに従って簡単にインストールできます。

デザインそのままテンプレートに

更新したい部分にME タグを埋め込むだけ。

HTML コメントタイプのME タグ(独自タグ)を埋め込んだ部分が、更新可能な部分になります。他に必要な作業は、テンプレート作成のボタンを押すだけ。オーサリングツールで再度デザインを調整することも可能です。

MEタグの埋め込み例

1.オリジナルコンテンツ(HTML)

<h5>クリスマスギフト特集<⁄h5>

2.テンプレート

HTMLコメント形式の独自タグを挿入

<h5><!--{text id="me1"}-->クリスマスギフト特集<!--{/text}--><⁄h5>

3.コンテンツ出力例

<h5>バレンタイン特集<⁄h5>

直感的な管理と編集操作

変えたいところをクリックして、文字を入力するだけ。

直感的なページ選択

管理画面には公開サイトそのものが表示されます。公開サイト内のリンクを使ってページを選択できるので、編集したいページの選択に迷うことはありません。

直感的な編集操作

ページの編集画面は、公開サイトとほぼ同じ見た目です。更新したい部分をクリックして直感的に編集できます。

MicroEngineの編集画面

安全・安心の静的配信

例えば既存のWeb サイトにも導入できます。もちろん、新規のサイトでも組み込めます。

編集したコンテンツは、静的なHTML ファイルとして書き出します。公開サイト側アクセス時には、データベースアクセスは発生しないので、パフォーマンスに悩むこともなく安心して運用できます。ページ登録と同時に関連するファイルのみを書き出す仕組みなので、面倒な再構築処理は不要です。
※インクルード機能のみの動的配信オプションも選択できます。

主な機能

更新履歴管理機能(リビジョン管理機能)
  • ページの更新履歴を管理できます。
  • 過去に編集した内容の確認や再編集(復元)を行えます。
下書き保存機能
  • ページの下書きを保存できます。
  • 作成した下書きを一覧で表示する機能や、下書きをプレビューする機能があります。
サイトビュー機能
  • 管理画面内で公開サイトを表示させる機能です。
  • 公開サイトと同じ画面遷移で、編集したいページを選択することが可能です。
テンプレート管理
  • MicroEngineは、全てのページ毎に個別にテンプレートを作成できます。サイトやディレクトリで1つといった制限はありません。
  • HTMLの中にMEタグ(独自タグ)を埋め込むことでテンプレートをカスタマイズします。
MEタグ
  • MEタグは、HTMLコメント形式の独自タグで、編集可能領域を指定したり、表示内容の指定を行えます。
  • 他のCMSでカスタムフィールドと呼ばれる、独自の入力項目を追加する機能を持ったものがありますが、そのカスタムフィールド機能と同様に、任意の入力項目をいくつでも用意できます。
  • 以下の14種類のMEタグがあります。
    テキスト、テキストエリア、プルダウンメニュー、リッチテキスト、日付、画像、ファイル、ソース、属性、リピート、削除、ディスプレイ、モジュール、インクルード
    ※詳しくはマニュアルをご覧ください。
テンプレートタイプ
  • シングルタイプ:1つのテンプレートを元に、1つのページを編集するタイプです。
  • マルチタイプ:1つのテンプレートを元に、複数のページを編集するタイプです。例えば、プレスリリースのように、雛形となるテンプレートを1つ用意して、それを元に複数のページを出力したい場合に選択します。
  • サブタイプ:ユーザーエージェントを元に表示するページを振り分けたい場合に使用します。例えば、PC用画面としてメインテンプレート(シングルタイプまたはマルチタイプ)を作成して、スマートフォン用画面はサブテンプレートで作成してアクセス元の端末によって表示するページを振り分けることができます。
対応文字コード
  • UTF-8 / SJIS / EUC-JP 等に対応しています。
  • テンプレート単位で文字コードを選択できます。
公開設定
  • 公開 / 非公開 を設定できます。
SEO対策
  • TITLEタグ・METAタグ(Keywords / Description)の編集機能
ユーザー管理
  • ユーザーの権限設定用のロール(役割)を指定できます。
    ロールの種類は次の3種類があります。システム管理者 / デザイナー / 編集者
  • ユーザー毎に編集できるページ(ディレクトリ)を限定するアクセス権管理機能があります。

動作環境

安価なレンタルサーバーでも動作します!

動作確認済みレンタルサーバー
  • エックスサーバー
  • ロリポップ!レンタルサーバー

    コロリポプランでも動作します!(MySQL不要のため)
  • さくらのレンタルサーバー

    スタンダードプラン
  • CPI
  • スピーバー 共有サーバー

    SS-1プラン
  • GMOクラウド

    レギュラープラン
  • カゴヤ

    SOHOプラン
  • WADAX

    共用サーバー
Webサーバー
  • Apache HTTP Server(1.3 / 2.2 / 2.4)
プログラミング言語
  • PHP 5.1, 5.2, 5.3, 5.4, 5.5, 5.6, 7.0
    ※必須モジュール:PDO / PDO_SQLite / mbstring / GD
データベース
  • SQLite
    PHPに組み込まれたSQLiteというファイルタイプのデータベース管理システムを採用しています。そのため、別途データベースサーバーを準備する必要はありません。 ※上記のPHP環境(必須モジュール)は必要です。
対応ブラウザ(管理画面)
  • IE 7, 8, 9, 10, 11 / Microsoft Edge(最新版を推奨) / Firefox 4 以降(最新版を推奨) / Safari 5 以降(Mac OS X版の最新版を推奨) / Chrome 11 以降(最新版を推奨)

ライセンス

試用期間

MicroEngineのインストールより30日間はライセンス不要で製品を試用できます。

製品ライセンス

製品ライセンスをご購入いただくと、30日経過後もMicroEngineをご利用できます。
製品ライセンスのご購入はこちら

個人ライセンス

非商用の個人利用に限り無償でMicroEngineを利用できる「個人ライセンス」も用意しています。ご利用条件・制限事項をご確認のうえご利用ください。
個人ライセンスのお申し込みはこちら

製品紹介

MicroEngineについてあなたのご意見をお聞かせ下さい